薄肉成形品

【超薄肉成形】

PC+難燃剤
肉厚=0.25mm
超薄肉+超ハイサイクル成形
(MAX 9.8秒/ショット)

樹脂充填は瞬時に注入させ、ショートショット、ヒケ、ウエルドを発生させず、更に反りを制御する技術です。
薄肉化により軽量、ハイサイクルが可能となります。

【2材薄肉成形品】

単色超薄肉成形技術を2色成形技術に応用したものです。
2材目の樹脂充填時は冷えた樹脂上へと充填する為、高温の金型表面へ充填する単色薄肉成形よりも更に、バリ・ソリなどの不良症状発生により成形難易度が向上しますが、弊社の超薄肉成形技術と2色成形技術によりそれを可能としました。
現在は主に液晶部品などの、薄く精密な部品が必要となる商品開発に活用いただいております。